voice&blog

feliceveda beauty tips!035

◆日中できるエイジングケア4

紫外線は日焼けやシミだけでなく、お肌の内側までも老化させてしまいます。
オゾン層の破壊で紫外線の照射量が増えるほど、身体への悪影響も増えています。

お肌の修復力は20歳すぎから降下していきます。
通常、古い角質と一緒に剥がれ落ちてくれるメラニンですが、紫外線を浴びすぎると、
量か多すぎて処理しきれなくなりシミ・そばかすとなります。

🌤そこで紫外線対策として日焼け止めの選び方のご紹介です!

日焼け止めのパッケージに記されているアルファベットの意味を理解し、
配合成分をしっかり確認しましょう。

<SPF>
お肌表面のメラニン発生を防止する効果。
紫外線を浴びて赤い日焼けを起こすまでの時間をどのくらい先に延ばせるのかを数値で記しています。数値が高いほど良いです。

<PA>
お肌の奥でコラーゲンやエラスチンを破壊する日焼けをどのくらい防げるのかを「+」で表しています。「+」の数が多いほど良いです。

配合成分はシンプルなほうが敏感肌の方にはいいです。
しっかりチェックしましょう。

 

痩身エステ・インドエステ・フェリーチェヴェーダ