voice&blog

上手なダイエットでのプロテインの使い方は?ホエイとソイとピープロテインの違いなど

こんにちは フェリーチェヴェーダ研修担当のYANです。

美容と痩身ダイエット、そして健康維持に欠かせないプロテイン。

日常生活でも目にすることが増えてきました。

プロテインには主に動物性(ホエイ)と植物性(ソイやピーなど)などの種類あります。

ホエイプロテイン(牛乳・乳清)

ソイプロテイン(大豆)

ピープロテイン(えんどう豆など)

筋肉をつけたいときはホエイです。

ただ、ダイエットや痩身では、ムキムキの筋肉を付ける必要はまったくないですので

筋肉量を落とさない、しなやかな筋肉をつける、で大丈夫です。

身体に材料としてのタンパク質を補給する、場合はソイやピーなどの植物性の

タンパク質がおすすめです。

ソイ(大豆)はアレルギー物質ですので、心配な方はピープロテイン。

味は野菜風味がしますが、料理を合わせやすいのがピープロテインです。

あとは、BCAAやHMBなどのロイシン(やロイシン代謝物)を含むアミノ酸をあわせて飲むと

筋肉の分解を防ぎますのでダイエットと痩身には効果が高いです。

このロイシンは筋肉量を落としたくないダイエットと痩身に効果が本当に高いです。

通常の食事にも含まれますが、分解経路が長いため、ダイエット中の美容期間は

サプリメントなどで補給することをおすすめしています。

ロイシンが来ると、システムや細胞内のオートファジーなどの異化システムがストップします。

プロテインも分解されてロイシンになりますが、含有量が少なく時間もかかります。

あと、プロテインに入っている添加物には注意です。

商品の裏面に記載のある、「栄養成分」の方ではなく「原材料名」の方です。

添加物は腸内細菌の天敵ですので、プロテインで

タンパク質を効率よく体に取り入れることと引き換えに腸内細菌にダメージを

与えてしまいます。

植物性・動物性、そしてBCAAかHMB、そして無添加

これがダイエットや痩身を上手に成功させるためのプロテインのキーワードです。

フェリーチェヴェーダでは3種類のプロテインをご用意して、

お客様のライフスタイルに合わせておすすめしています。

無添加のもの、ドリンクタイプのもの、そして料理に合わせやすいタイプのもの。

どのタイプが合っているのかなど、細かくアドバイスもいたします。

全スタッフがしっかりと勉強と研修を終えて

的確なアドバイスが可能です。

是非一度体験におこしくださいませ!