voice&blog

feliceveda beauty tips!013

食事栄養とお肌の関係(1) たんぱく質

美肌のためには、まず健康な身体をつくることが大切です。
どんな化粧品を使っても、外からのケアにはやはり限界があります。栄養バランスのとれた食事で内からの美を目指しましょう。

美肌のために摂っておきたい栄養素をいくつかご紹介します。

◉たんぱく質
皮膚を作る基本の栄養素です。人体の約20%はたんぱく質で出来ており、たんぱく質で構成されていないと思われる歯や骨にも、わずかに含まれています。たんぱく質は生命の源、美の源なのです。

たんぱく質が多い食材で代表的なものは、肉、魚、卵、乳製品、大豆製品など。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランス良く摂ることが望ましいとされています。

肉には牛・豚・鶏などがありますが、脂身が多い肉を食べ過ぎると太ってしまいます。脂肪分が少なめの牛ヒレ・鶏ささみなどを選ぶとヘルシーです。

そのほか、美肌のキーワードでよく耳にする「コラーゲン」や「エラスチン」も、たんぱく質の一種です。コラーゲンが多い食材は牛すじ、鶏手羽先、うなぎ、スッポンなど。

コラーゲンが減少すると肌のたるみ・シワの原因になるので意識的に補給したい栄養素です。体内で分解・合成されるときに必須の、ビタミンCや鉄も併せて摂ることが大事です。