voice&blog

✴︎蚊にさされやすいのは・・・

こんにちは、昨日までの暑さが信じられなくらい、今日は風がさわやかで心地よいです。

ここ数年、夏場に虫除けスプレーをあまり使用しなくなり、暑すぎると蚊も活動できないのかと思っていたら…蚊の活動が活発になる気温は、25℃から30℃くらいまで。
実は真夏よりもこれからが危険なようです!

蚊には吸血する種としない種があり、吸血する種の中でも、刺すのはタンパク質の栄養分が必要となる産卵期のメスだけ。夏場は昼間の気温が高いので昼間は意外と刺されませんが、春秋は昼間も活動の適温になることが多くなります。

暑さがひと段落して、お出かけしたくなる季節ですが、温暖化や国際化によって、以前はなかった伝染病に国内で感染するという状況も起きています。日中、屋外レジャーを思い切り楽しめるよう、蚊よけ対策を忘れずに!

例えば、長袖・長ズボンなどの衣類で物理的にシャットアウト。濃いめの色より薄目のパステルカラーなどが刺されにくいようです。
また、扇子やうちわで扇ぐのも効果的。蚊は微風でも飛びにくくなるので、風を避けて地面近くを飛ぶ傾向があります。自然の風でもいいですし、扇風機の風を下半身に当たるようにしておけば刺されにくくなります。
あとは、虫よけスプレーを肌や衣類につける、携帯するなど。

蚊に刺されて、赤くなり痒みが出るのはアレルギー反応。発熱するようであれば医療機関で受診するのが良いでしょう。

痩身エステ・インドエステ・フェリーチェヴェーダ

痩身ダイエットセオリー

スタッフブログ